久留米市で外壁塗装・屋根塗装は加勢一建装へ|塗装のお得知識①(3回塗りの必要性)

新着情報

塗装のお得知識①(3回塗りの必要性)

2015/09/07

こんにちわ。住宅塗装の加勢一建装です。

 

今日は、塗装工事でよく聞く「3回塗り」の必要性についてお伝えしたいと思います。

話しを聞くと今はどこでも「弊社は3回塗りをします!」と言われるはずです。

メーカー側でも3回塗りが義務付けされています。この3回塗りを行わないと、これもよく聞く「手抜き工事」と呼ばれます。

 

ではなぜ、塗装は3回塗りも必要かご存じでしょうか?・・・もちろん理由があり、1回目を下塗り、2回目を中塗り、3回目を上塗りと呼びます。

 

1回目の下塗りは下地強化材となりシーラーと呼ばれる塗料になります。色は白色・透明色・クリーム色がメイン色になります。

下塗りは密着性がある塗料になり、中塗り・上塗りの塗料には密着性がありません。この下塗りを行わないで中塗り・上塗りを行ってしまうと、どんなにいい塗料を使っても数年で剥がれる原因になります。

さらに、塗装面は塗料を吸い込む性質があるため、最初に下塗りを行い、よく塗料を吸い込ませておけば、中塗り・上塗りでの塗料の吸い込みを防止する役目もあり、すごく重要な所となります。

建物の傷み具合により、下塗りを行う前の下塗りをする場合もあり、3回塗り以上行わないといけない時もあります。

 

2回目の中塗りは上塗りを行う前の補強の役目を持っています。

3回目の上塗りは仕上げとなります。ちなみに、中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。

以上が下塗り・中塗り・上塗りの役目のお話しになります。

 

そこで、本当に塗装屋さんが「3回塗り」を行ったのか、簡単に確認する方法がありますので、その内容もお伝えします。

塗装屋さんを疑うのではなく、お客様の大切なお家を適切な塗装工事で行ってもらう上での非常に重要な内容になります。

是非、ご参考にしてください。

 

下塗りは色が違うため、見てすぐわかるのですが、中塗りと上塗りは同じ塗料で、さらに同じ色を使った場合の見分けはプロでも難しいので、工程中の写真を撮ってもらったり、工程毎に説明をお願いしたりした方がいいでしょう。

 

工程毎の説明など良心的な会社は、必ず行う作業です。

 

この他に、もう一つ方法があり、中塗りと上塗りは同じ塗料でも色を変えて、塗装を行う事は可能となり、このような方法で見抜く事はできます。(ただし、中塗り・上塗りの色を変えて、塗装工事を見たい場合は、予め言ってた方がいいでしょう。)

 

以上が、今回の「3回塗り」の必要性についてとなります。また、塗装の豆知識をドンドンお伝えして行きますので、今後ともよろしくお願いします。

 

ご意見・ご質問がありましたら、24時間受付可能なので、お気軽にお問合せください。

下記問合せフォームでの受付となります。

 

加勢一建装 担当:持永

一覧に戻る

mail form

Information

加勢一建装
〒830-0004
福岡県久留米市南薫町1513-9

【営業時間】10:00~20:00
【定休日】木曜日
【対応エリア】福岡県内、福岡近隣県
※佐賀、熊本、大分など

住宅塗装で福岡で地域一番店を目指す久留米市の【加勢一建装】は、技術・品質と共に最高のサービスをご提供します!外壁塗装・屋根塗装・防水工事・住宅リフォーム・増改築工事などお任せください。

  • tel:0120-353-053
  • mail form
全国の外壁塗装専門家の検索、求人、無料相談受付中【外壁塗装相談.COM】 外壁塗装は塗りナビ|全国塗装業者厳選ナビサイト

リフォーム会社・工務店検索

Page Top