久留米市で外壁塗装・屋根塗装は加勢一建装へ|塗装のお得知識⑤(塗料の種類)

新着情報

塗装のお得知識⑤(塗料の種類)

2015/09/13

こんにちわ!加勢一建装です。

 

 

今日は、現場がお休みのため、塗料の種類をお話ししたいと思います。

おそらく、どのような塗料があるのか気になる方は多いのではないでしょうか?

 

さっそくですが、重要になってくるのは、使用塗料により(もちろん作業工程もですが)、耐久性・保証年数が変わります。

 

そこで塗料は大きく分けて、5種類に分かれます。

①アクリル系塗料

②ウレタン系塗料

③シリコン系塗料

④フッ素系塗料

⑤光触媒塗料(ハイドロテクト)

 

この他にも、大手メーカーなどは色々な名前を付けてたりもしますが、この上記5種類に分類されるので、聞いた事がない名前の塗料ならば、必ず確認してください。

 

さらに細かく分類すると、

⑴一液性

⑵二液性

⑶水性

⑷油性(溶剤)

があるなど、調べるときりがないです。

 

今回は、簡単ではありますが、各塗料のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

まず、

①アクリル系塗料:ゴム状の塗料で弾力性に優れています。ただ、通気性がないため、内部が蒸れてしまい劣化を早いです。ただ、金額は一番安いです。こまめにメンテナンスが必要になります。耐久性は4年~7年程度と言われています。

 

②ウレタン系塗料:密着性がよく、艶も良いです。塗料の剥れが気になる箇所に利用する場面があります。金属面にはウレタン系塗料と相性がいいため、よく使う場面があります。耐久性は6年~10年程と言われてます。

 

③シリコン系塗料:耐久性に優れ、汚れにくいのが特徴です。現在、色々な会社で使用されている一般的な塗料です。

耐久性は10年~12年程と言われています。

 

④フッ素系塗料:耐熱性・耐久性・撥水性などに優れています。今はまだ、一般住宅には使われている所は少なめです。高級の塗料で金額は高いです。耐久性は12年~15年程と言われています。

 

⑤光触媒塗料(ハイドロテクト):太陽の光で汚れを分解する塗料です。汚れが付きにくく、さらにカビなども発生しにくいです。ただ、こちらも金額が高く、光で汚れを落とすため、太陽の光が当たらない部分(影の部分)には性能を発揮できないデメリットがあります。耐久性は12年~15年程度と言われています。

 

以上が、各塗料の種類です。各塗料の中にも別の性質の塗料をメーカー側が割合で配合する事で耐久性を上げる事ができます。

一例としてシリコンの中にセラミックを配合する(セラミック配合シリコン)があります。

特徴として、シリコンは柔い材質のため、冬に強いです。セラミックは無機質系の素材で固く夏に強いため、二つの塗料の特性を生かした塗料となります。耐久性に優れているのはもちろん、低汚染性・防カビ・防藻対策にも最適です。耐久性は15年~20年程と言われ一番の耐久性を誇ります。

 

ただ、なんでも配合すればいいと言うわけではありません。単体の塗料より、2つの塗料の特性を生かす事が重要です。

 

次に5つの塗料の中の各種類について、お伝えします。

⑴一液性:そのまま使える塗料のため、素人の方でも使う事が出来ます。値段も2液性に比べると安いです。耐久性は二液性に比べると弱い部分もあります。

 

⑵二液性:硬化剤の影響を受けて化学反応して塗膜を形成します。ただ、この硬化剤の規定混合率を間違えると、ヒビ割れや塗装不良などのトラブルが起こりやすくなります。さらに一度、硬化剤を入れると、規定時間内に使いきれないとプリンのように固定になります。耐久性は一液性よりもありますが、硬化剤の分だけ値段も高くなるため、プロが使う分だと問題ないですが、素人の方の使用は控えた方がいいでしょう。

 

⑶水性:原料は水となります。値段も安く塗装する時の臭いもきつくないため、人気になっている塗料です。ただ、耐久性は溶剤の方が高いです。

 

⑷溶剤:原料はシンナーです。皆様が臭いがキツイと思っている塗料のほとんどはこちらではないでしょうか?塗装中の臭いは強いですが、その分耐久性はあり、値段は高いです。

 

以上の事から二液性の溶剤が値段が一番高いですが、一番耐久性が高いと言う事になります。

ただ、注意して頂きたいのは、水性がダメ、一液性がダメと言うわけではありません。それぞれ特性がありますので、それに応じて使いわけるようになります。それに今はメーカー側の技術の発展により、水性も溶剤に負けない塗料も出ています。

今後、塗装をする際にどのような塗料を使うのかは必ず担当者に確認した方がいいでしょう。もちろんですが、なぜ、その塗料を勧めるかも聞いてください。

 

そうする事で、不安も解消されるはずです。

 

今回のお話しは以上となります。文章が下手で恐縮ですが内容の方は如何でしたでしょうか?

 

ご意見・ご質問がありましたら、24時間受付となりますので、お気軽にお問合せください。

 

下記お問合せフォームからの受付になります。

 

加勢一建装 担当:持永

 

 

 

一覧に戻る

mail form

Information

加勢一建装
〒830-0004
福岡県久留米市南薫町1513-9

【営業時間】10:00~20:00
【定休日】木曜日
【対応エリア】福岡県内、福岡近隣県
※佐賀、熊本、大分など

住宅塗装で福岡で地域一番店を目指す久留米市の【加勢一建装】は、技術・品質と共に最高のサービスをご提供します!外壁塗装・屋根塗装・防水工事・住宅リフォーム・増改築工事などお任せください。

  • tel:0120-353-053
  • mail form
全国の外壁塗装専門家の検索、求人、無料相談受付中【外壁塗装相談.COM】 外壁塗装は塗りナビ|全国塗装業者厳選ナビサイト

リフォーム会社・工務店検索

Page Top